IFD注文ってなに?


 ここではIFD注文についてご紹介していきたいと思います。

IFD注文とは、“1つめの注文が約定したら2つめの注文が自動的に発注される”という条件のもと、同時に2つの注文を行う注文方法のこと。IFDは「If Done」を省略したものです。

このIFD注文は、利益確定にも損切りにも使えて便利!
覚えておいて損はありませんよ。

では早速、例をあげてIFD注文の仕組を見ていきたいと思います。

まず、現在の為替レートが1ドル=100円、このさき円安相場が予想できる状況だと仮定しましょう。

さて…、こうした状況下においては「ドル買い取引」を行うのが基本。
ですが、自らの相場予想に確信が持てないときもありますよね…。

そんな時に便利なのが、このIFD注文!
IFD注文を使えば、予想通りに相場が円安に進み始めたところで、そのトレンドに乗ってドル買いをし、さらに一緒に売り注文を出すことで確実に一定の利益確定を狙うことができます。

具体的には…「1ドル=101円でのドル買い注文」と「1ドル=103円でドルの売り注文」といった条件でIFD注文を出すのです。
すると、(円安トレンドに入り)1ドル=101円になったところでドル買い注文が約定、ドル買い注文が約定した段階で、2つめのドル売り注文が自動的に発動。1ドルにつき2円の利益が狙えます。
仕事などで忙しく、パソコンやスマホで相場の動きを追うことができないときも、こうしてIFD注文を出しておけば、利益を逃さずに済みますね。

また、先述の通りIFD注文は、利益確定のみならずリスク対策(損切り)にも有効!

上記と同じ例を用いて見ていきましょう。
上昇トレンドを予想して1ドル=101円でドル買い注文を出す際、今度は同時に相場が急に円高方向に反転してしまうリスクに備え「1ドル=99円」でドル売り注文を出しておくのです。

こうしておけば、ドルの購入後、予想を裏切り相場が一気に円高方面に突き進むことになったとしても、1ドル=99円に達したところで自動的にドルが売却されるため、損失を最小限に食い止めることができるというわけ。このようにIFD注文でリスクに備えておけば、相場から目を離している隙に相場が急転するようなことがあっても損の拡大をストップでき安心です。

IFD注文を利益確定および損失限定のどちらのパターンで利用するかは、あなたの好み次第。ただ、レバレッジを高く設定しているときや、相場予想に自信が持てないとき、取引に不慣れな初心者の方の場合には、やはり損失限定(リスク対策)目的での利用をオススメします。

【 IFD注文を利用するにあたっての心得 】

今回ご紹介したIFD注文は、自動で注文を出すことができる便利な売買ツールです。

しかし、自動売買といっても「いくらで買うか・いくらで売るか」といった判断は、自分でしなくてはなりません。条件の設定は投資を行うアナタ自身で決めなくてはならず、その判断には“相場状況を判断するチカラやセンス”が求められます。このことはシッカリと心にとめておきましょう。

現在の相場はどう判断できるのか…。
このさきは円安・円高、どちらに動きそうか…。
相場に影響を与えそうな要因にはどのようなものがあるか…。
市場参加者は現在・今後の相場をどう判断し、何に注目しているか…。

こういったことをきちんと考え、その判断に基づいてIFD注文を活用してください。

なお、今の相場トレンドが長続きしそうにないと判断できるときにはリスク対策としてIFD注文を使うのが効果的ですし、何としても利益を出したいときには(欲張らず…適度な数字を設定し)利益確定のためにIFD注文を利用するのが良いでしょう。


サラリーマンをしながらFX

サラリーマンをしながらFXトレードをしている方は多いと思います。サラリーマントレーダーはトレード出来る時間が限られているため、より時間の制約を考えたトレード方法を確立することが重要になってきます。
オススメは会社から帰宅後のロンドン時間、ニューヨーク時間にトレード(デイトレ)をする方法か、エントリーしたら何週間も保有し続けるスイングトレードです。スイングなら毎日エントリーをうかがう必要はありませんし、お昼休みなどのスキマ時間で自分のポジションをチェックすることぐらいは出来ます。

正確なポジション

より正確なポジションをとって更に有利なFX取引ができるように、自作のEAを作って半自動的に運用しようとプログラミングを学んでいる最中なのですが、想定していたよりも覚えることが多くて大変です。

プログラミング初心者だけどFXの経験は豊富だから意外とすんなり言葉の意味は理解できたけれど、それらを組み立てて一つのEAとして作り上げるのがまだまだ難しいと感じています。

とりあえず今は普段どおり夜には裁量でFX取引を行って、相場が閑散する時間の深夜から早朝にかけてプログラミングの作成とテストをしてみて実際に運用できるか試す毎日です。